インターネットはとても身近になりましたね。

買い物も調べるのもイベントの開催も旅行の予約もなんでもできます。

 

でも、SNSやブログ、HP、コストをかけずにできることもたくさん増えて

人と会ったり話したりは大丈夫なのに、ネットになると途端に苦手になる。

という方もいるかもしれません。

 

そういう時は、

「たった一人のために記事を書く」

「たった一人のためにSNSで伝える」

をしてみてください。

 

「みんな」のために書こうとすると、

あいまいだし誰にも共感してもらえない無難なことばになります。

 

わざわざ極端な意見を言う必要もありません。

炎上商法という方法もありますがやりたくないことしなくてもいいでしょう?

 

「あの人に向けて書く」と同じ悩みや境遇を持った人に届きます。

この記事だって、わたしは「〇〇さん」に向けて書いてます。

 

でも、〇〇さんと同じ様に

「ネットになると書けない・・発信が苦手になる・・」

という方にも届きます。

 

ネットの先には必ず人がいます。

ネット上の不特定多数じゃなく、

「ネットの先のあの人」に書くから届くんです。

 

そう考えると、

「わたしってそもそも、誰の何のために発信するのか?」

が明確にもなります。

 

ぜひ「たった一人のために」行動してみてくださいね。

 

本日もお付き合いありがとうございました。