今後、高齢者は75歳になり

年金も75歳になるのでしょう。

 

それも近い将来。

 

そうなると、「孫の面倒をみる」

はできません。

 

ということは、ばぁばのおかげで

助かっていた子育て世代にも影響が出ます。

 

それにもしかしたら、70代で仕事をし、

娘や孫に頼りにされながら

 

100歳あたりの親の面倒を

みているかもしれません。

 

「いまが精いっぱい!」

「なんとかなるさ!」

も分かります。

 

心配しすぎても、今を生きられないし。

 

もし今でさえ余裕がないのなら、

まずはそれをなんとかしないと

 

「子どもが大学さえ卒業したら貯蓄できるはず」

「定年したらセカンドライフを満喫できるはず」

というご褒美もあるかどうか分かりません。

 

厳しいですが、

「今余裕がない」は

「じぶんの選択の結果」。

 

旦那のせい、時代のせい、

家のせい、この業界飽和しているせい、

為替が悪いせい、では解決にはなりません。

 

潔く現状を見てみてください。

 

「今まで」のじぶんや誰かへの非難はいりません^^

大事なのは「これから」です。

 

本日もお付き合いありがとうございました。