鯖缶男(さばかんおとこ)。

{1172FA98-86F1-41E4-808B-0406FC3E16CD:01}

とは、

うちの旦那です。

マリオ

週末わたしと子ども達が

実家へ泊りに行くと、

 
家で1人、鯖缶1缶とマヨとご飯
で生活しているんです。
 
たまにはお店に食べに行きたいとか
出かけたい、
新しい服が欲しいなど
 
ほぼ無いんですね。旦那は
 
毎週ではないにしても
週末は鯖缶、でストレスもたまらず
いられる人です。
 
そして節約も好き。
 
 
なので、わたしが
 
イタリアン食べたい~
アロマサロン行きたい~
 
など言っても理解されません。
 
夫婦でお金の価値観が
全く合わないんですね。
 
 
旦那=お金を使うことはほとんど浪費
節約は素敵!
 
わたし=節約には限界がすぐに来るので、
収入を増やす方法をがんばった方がいい
投資という使い方もある
 
 
です。
 
正反対!
 
 
夫婦で考え方、重んじるものが違う。
 
これを今は理解しているので、
 
「なんであなたはこうなのよ?!」
は言いません。
 
ケンカもしません。
 
それでもイライラしてしまった
時はそっと離れます。
 
 
思い出してみてください。
 
毎回、夫婦のケンカの根源て
同じではないですか?
 
毎回、相手との価値観の違いで
言い合いをしてませんか?
 
 
価値観の不一致
 
と言いますが、
 
価値観が一致する夫婦
なんているでしょうか?
 
違うから
いいんじゃないでしょうか。
 
長所は短所。
 
短所は長所です。
 
 
旦那の文句を言おうと思えば
いくらでも出るでしょう。
 
長所も同じ数だけ
出るのではないでしょうか。
 
わたしは、
 
財布の紐が堅くて助かるわ~
 
わたしの苦手な所を
得意としてくれてよかった~
 
と、思っています。
 
そして、今はわたしは
自分で仕事をして、自分に
入ってくるお金があります。
 
なのでそのお金で、
週末じぃじばぁばと
食べたいイタリアンに行ったり
 
アロマサロンに行ったりします。
 
旦那と一緒にした方がいいこと、
違う家族や友人との方がいいこと、
 
分けています。
 
 
夫婦でも、子どもでも、
人は人、自分は自分。
 
そう考えるだけでちょっとケンカも減るはず。
 
さて、あなたのあの人は、なに男ですか?