当たり前ですがお客さま目線は大切です。

 

このブログも日記ではないので

どんな人がたどり着いてくれるのかな

 

どんな方にどんなことを届けたいんだっけ?

 

自分の書きたいことではなく、

相手に伝わるように書いているかをいつも考えます。

 

以前にアドバイザーとしてやっていくことをある方に

相談した時に、

 

「とものさんは相手に伝わるか考えて話している。」

と言ってもらえました。

 

ということは、相手に伝わるか考えていない人もいるということです。

 

例えば、わたしが遭遇したことですが

 

いいなと思って起業している方から商品を買いました。

その後

「Facebookに使ってみたビフォアーアフターを載せてね」

のメッセージがすごいくる。

 

そして載せたあとは、その投稿に自分をタグ付けしてもらい、

お客様の声として見せたらあとは「ありがとう」もナシ。

 

そしてその後わたしの友人が

 

「ね、この人ってどんな人?Facebookで急に友達リクエストが来て、

承認したら毎日タイムラインに投稿が出てきてさぁ」

 

と迷惑そうに言っていたのがその方でした。

 

友人は、わたしがその方と友達になっていたから承認したそうで、

 

なんでもかんでも友達になるのは

わたしの周りの人にも迷惑をかけるんだな

 

と学びました。

 

また、なんの起業とかもしていないその友人でさえも、

 

「この人のFacebookの投稿が、常にお客さんからタグ付けされていて異様。

こんなの普通じゃありえない。買ったらあれ、やるように言われるってことだよね^^;」

 

と言っていました。

 

こうなったら自爆です。

 

自分がお客さんになったらこんな風にやらされるんだ

そしてこの人はお客さんをこんな風に扱うんだ

とお知らせしているのと同じこと。

 

ネットはもちろん使えば経費もかからず告知や集客がでて

おススメの手段です。

 

でも、「これをしたら相手がどう思うか?」を

忘れては逆効果。

 

口コミと同じで、いい噂も立てば悪い噂も口コミされます。

 

だからネットを使えば集客できるのではなく

モラルとお客さんに自信をもって提供できるサービスがあるのは大前提。

 

その上で、ネットを使うと効果的だよ、ということです。

 

しかもその後、

アメブロにその方から

「初めまして、わたしはこういうことをしている○○です。

よかったら読者登録をお願いします。」

 

というメッセージが来ました^^;

 

これも逆効果ですよね、既に商品を買っている人に対して「初めまして」。

 

ツールを使って例えば「山梨」とタイトルに入っている人全てに

 

同じメッセージを送っているから、こういうことになります。

 

ツールを使うことは悪くない。

効率がいいですから。

 

だけど、

このメッセージがどんな人に行くのか?

という事を意識できれば、

 

例えばお客様のブログを探してみてメッセージを送るリストから除外する。

 

全員に同じメッセージをするには結局あたりさわりのない

メッセージになり「これ無作為にやってるな」と思われるから

 

それなら効果のありそうな方に手動で自分の手でメッセージを送る。

 

とか。

 

そのあたりも考えないと、迷惑をかければアメブロに通報され

アカウント削除にもなりかねません。

 

自分はどうやってネットやSNSを使っていくのか、

他の人はどうしているか、

いい見本や悪い見本をみて使い方も気にしてみてくださいね^^

 

本日もお付き合いありがとうございました。