海外販売をしていて、

日本と世界の違いを感じるようになりました。

 

質問に半日後に返信すると

「早い返信をありがとう!」

と言われるし、

 

普通にプチプチと新聞に包んで

段ボールで発送しただけで

 

「とても丁寧なパッキングをありがとう!」

と言われます。

 

また、

商品に不具合があっても

返品送料は買い手持ち、

という人もいます。

 

実際にアメリカから輸入した商品に

穴が開いていたときも、

返品送料はわたし持ちというルールでした。

 

常識ってほんとに人の常識とは違うんだなぁと

分かりました。

 

税関員が商品盗んだりすることもあるし、

 

商品が入った段ボールを蹴ったり投げたりもするし、

 

家にいなかったからって

不在票も入れずに勝手に保管して、

保管期間過ぎて日本に返送されてきたりもします。

 

ほんとにもう、いろいろ。

 

また、「日本語だから」

守られている事もたくさんあります。

 

日本語は日本だけ。

だから、海外の方に何か提供するときは

英語に直さなければならないし、

 

日本に取り入れる時は、

英語やフランス語などを日本語に換える必要があります。

 

だから敷居があるため、

転売でも価格差が出しやすいし、

ハンドメイド販売でも海外販売の方が高めに売れたりします。

 

そして、そういう世界規模の商売を

個人もするようになったため、在宅ワークにも

 

「英語表記のサイトの商品を日本語に直して出品してほしい」

 

「日本の○○にある商品を、海外サイトに登録してほしい」

 

「海外から送られてくる商品の受け取りと検品をしてほしい」

 

というような仕事が多くあります。

 

それも大体が「中学程度の英語ができればいい」とか

「翻訳ツールを使うから英語能力は問わない」

というクライアントの書き込みもあります。

 

翻訳の人頼むほどのコストかけられないし、

そこまでの精度なくていいから。

 

だから、

「英語できないから」

ではなく

 

「英語できなくてもやってみようか」

と前向きに考えて、

 

そのような在宅ワークでも

物販でも、

とりあえずやってみてください。

 

だれでもできる仕事は海外の安い賃金の人や

ツール、ロボットがやるようになります。

 

その管理を任されるのが日本人の仕事になるかもしれません。

 

自分で収入を生み出す、とは

いつも同じことをやっているだけでは成り立ちません。

 

とりあえず、「○○だから○○できない」じゃなく

「○○だけど○○ならできるかも」で、

やってみてくださいね^^

 

本日もお付き合いありがとうございました。