6歳の娘は今

You tuberのヒカキンさん

にハマっています。

 

ヒカキンさんの話をしない日はないくらい。笑

 

そしてそのヒカキンさんが朝の

テレビに出演したときに

 

ヒューマンビートボックスの始め方を

教えてくれました。

 

「ブーツカット」というフレーズを

ヒューマンビートボックス風に

言う練習をするといい。

と。

 

それで娘は

「ブーツカット」を

ヒカキンさん風に言ってます。

 

でも、恥ずかしいのか

わたしと目が合うとやめます。笑

 

なので見てないふり、聞こえないふり。

 

それでふと思い出したのですが

そういえば

 

「サッカーって女の子もやっていいの!?」

とか、前にテレビ見て言ってた。

 

なのでYou tubeで

女性のヒューマンビートボックスする人の動画

を見せてみました。

 

案の定

「え~、女の人もこれやってるんだ~」

と言いました。

 

いつの間にか

男はこれ、女はこれはダメ、

という認識ができてたんでしょうね。

 

なので、

男女関係なく、年齢も関係なく

やりたいことはやっていいんだよ。

と伝えておきました。

 

子どもを通して

自分の当たり前や

当たり前の作られ方が学べますね^^*

 

自分の「ふつう」「当たり前」は

当たり前すぎて前提すぎて

見つけることができないもの。

 

人から学ぶことも多いです。

 

本日もお付き合いありがとうございました。