年中の娘の連絡帳に初めて長ーい文章が書いてありました。

 

どうやら園の体育のレッスンをしたくないとのこと。

 

体育の先生に「体育のレッスンはもうやりたくないからやらない」

と言いに来たのだそうです。

 

そうそう、あの年中娘ねー。

自分の意見を人にしっかり言うんですよね。

 

トイレとかおやつ私まだもらってないとかも

先生に言い出せなかったなぁ私。

 

先生が向き合って話をしてくれたようで、先生ありがとう。

 

どうやら壁の逆立ちが出来なくてみんなに笑われたのが

ショックだったみたいです。

 

家でじゃぁ練習しよう!ってやったら全然できて、

 

今日は「できるおまじない」も手にマッキーで書いて行きました。笑

(今日はレッスンあるのかしら?)

 

夜、次女が寝た後よく長女と二人で話をするのですが

昨日は

 

ママも「どうせ出来ない」とか言われたり

笑われたことあるよ

 

と話したら驚いていました^^

産まれた時から「しゃちょうさん」だと思っているのか。

 

出来るまであきらめなかったから「しゃちょうさん」になれたんだよ

と話しました。

 

自分の経験を語れるってうれしいなぁ。

 

 

さて娘はこのことで「失敗を笑われる」という経験が出来ました。

 

どう感じたか、

失敗した友達に自分はこれからどう接するか、

また笑われたらどうしていくか、

話すいい機会になりました^^*

 

経験ほど成長できることはないですね。

 

本日もお付き合いありがとうございました。