好きなことを仕事にしても

在宅ワーカーでも

 

物販でもユーチューバーとか

アフィリエイターとか株とかなんでも。

 

商売は、実力社会です。

利益が出せないと、おしまい。

 

って聞くと大変そうですかね^^*

 

 

どこかに勤めることは、

拘束の社会です。

 

実力がなくても、

雇ってもらえたらお給料が出ます。

 

その代わりに、

必ず決まった時間、決まった場所にいて

決められたことを労力としてやってください。

という約束。

 

人生の一部をね、売ってるんです。

どっちも簡単でも楽ちんでもなさそうですよね。

 

優劣はありません。

それぞれの選択肢なだけで。

 

わたしは後者から仕方なく前者を選んで

今の事業主という立場になりました。

 

実力社会なので毎日が勉強です。

 

で、いいこと発見しました^^*

 

実力さえあれば、

「話を聞いてもらえる」んです。

 

成果を出した人が、

「話せる権利」をもらえます。

 

わたしは2年と少し前、

次女を妊娠中に

 

起業家セミナーに参加したんですが

そのとき男性講師に

 

「主婦相手じゃ儲からないよ」

と言われました。

 

うん、ビジネスモデルってものがあるからね、

それも分かる。

 

だけど

「家ではたらくことをプロとして仕事としてやりたい」

だから起業家セミナーに出たんですよ。

 

でも、講師の方に、

ビジネスモデルとして成立しないって言われちゃってね。笑

 

わたしはそこで引き下がるほどの想いじゃありませんでしたから、

なんとか「それでもやる希望」をひねり出しました。笑

 

「起業家セミナー講師がさじをなげるほどの事を仕事にできたら、

それってすごくない!?もうライバルいないじゃん!」

 

って、思いました^^*

 

他に参入者もいないし、

そんな大変な道を努力できる気合のある人も少ないはず。

 

だからわたしがなってみようと思いました。

自分の気合が本物かも試せるし。

 

幸いにも、輸出で利益があるので生活もできるし。

(というか、家ではたらくの講師が何も家で

やってなかったら説得力ないもんね。)

 

で、それから1年で山梨のテレビに取り上げてもらえました。

起業家セミナーの講師をする側にもなりました。

 

その説得力のある実力が身についたから、

今こうして画面からあなたに

出会えて、読んでもらえています。

 

商売は実力社会です。

 

成果を出した人が、

「話せる権利」をもらえます。

 

どんなに大変な道でも、

失敗ばかりでも、笑われても、

 

成果を出せば、それは

魅力のあるストーリーとして語れる日が来ます。

 

評価され、通ってきた道も成果の出せる道

「成功法」として語れます。

 

ぜひ、成功とかお金とか利益とかにも、

手を伸ばしてください。

 

がめつくも悪い事でもなんでもありません。

 

だって、商売なんだから。

 

「こんな自分でもこんなふうになれた!」

と、あなたが自分のストーリーを語る日が来たら、

わたしにも教えてください。

 

花束を持ってお祝いに行きます^^*

 

本日もお付き合いありがとうございました。