この前書いた「それってつまりは?」
 
という記事のひとつになりますが、
 
「お問い合わせを多くいただいています♪」
 
という書き込みをもし見たら
 
いいなぁ~。
ということもですが
 
お問い合わせが多いってことは
 
メニューや申し込みが分かりにくいのではないか?
という見方もできます。
 
申し込むことにハードルを感じる何かがあるとか、
 
問い合わせしないと不安なことがあるのか。
 
かもしれませんよね?
 
じゃぁ、自分はどうでしょうか?
 
人のことを見ていて何か感じるものがあったときは、
 
「じゃぁ自分はどうだろうか?」
と考えてみるといろんな発見があります。
 
人のことだけでなく、
自分が普段感じることもヒントです。
 
「お客様とのやりとりが多くて大変・・」
 
と感じているのだとしたら、
 
自分が大変・・だけでなく
お客様にも手間をかけさせているのかも。
 
オーダー表を作るとか、
 
お客様に聞かなくても注文の際にチェックを入れてもらうだけにしておくとか、
 
先に記載しておくとか、できることが見えてきます。
 
「改めてやり方を変える」というのは
 
「今すぐにやらなくても困らないこと」だから
 
ついつい後回しになってしまう事ですが、
 
そういう「緊急性はないけど今後にとって大事なこと」
 
に時間や労力をかけることができる方はやっぱり先があります。
 
そういった積み重ねの先に成果があります。
 
どこの世界でも成果を出せるのは大体1割。
 
「1割に入るにはどうしたらいいか」
と考えると1割に入れるようになります。
 
ヒントを見つけようと思いさえすれば、
日常にたくさん転がっています。
 
本日もお付き合いありがとうございました。