今日は長女がまたお休みしています。

この時期ちょっとした事でも気になりますね。
 
園で水ぼうそうやインフルエンザの感染の
連絡も来ています。
 
ほんと、ママの外勤て難しい。
 
 
朝、薬局に買い物に行ったら
キャラクター風船が売っていました。
 
しかも108円!!
おそらくは何かの在庫処分?
というような価格でしたが
 
「元気のない娘に買って行ったら喜ぶなー!」
と思いました。
 
「物」にお金を出すんじゃないんですよね。
 
だって頭の中にあったのは
「風船を見せた瞬間の娘の喜ぶ顔」
だったりします。
 
つまりは「体験」を買っています。
 
先日行ったマックやコメダ珈琲も、
「商品」にお金を出しているのではなくて、
 
わたしは
「暖かい所で子どもがあそべる遊具があって
親は近くに座ってコーヒーが飲めること」
 
「ランチとコーヒーもいただけつつ
2時間くらいパソコン開けて仕事ができる」
 
という「体験」にお金を払いました。
 
付加価値とはその「体験」のことです。
 
 
でもね、「体験」自体はお金を出した後にできること。
 
だから在宅ワークでも転売でも起業でも、
 
まずアピールしないといけないのは
 
「この人にお金を支払ったらこんな体験ができそう」
 
の「そう」なのです。
 
 
就職するとき、面接や履歴書がありますよね?
 
この人を雇ったら、任せられ「そう」、いい仕事してくれ「そう」。
 
だから雇ってくれます。
 
 
あなたは
いい仕事してくれ「そう」な在宅ワーカーですか?
 
それとも
お客様を大事に扱ってくれ「そう」な起業家でしょうか。
 
そして
この人から商品を買ったら商品の未着や不良があったとき、
きちんと対応してくれ「そう」な売主でしょうか?
 
 
「そう」に応えるのは当たり前です。
商売をしているのですから。
 
でも、数ある人の中から選んでもらうには
きちんと「そう」もアピールしてくださいね^^
 
じゃないと口コミもリピーターも生まれませんよ♪
 
本日もお付き合いありがとうございました。