わたしの好きなハンドメイド作家さんがいるのですが、

 

その方の活躍が目に見えてきてすごく嬉しく思っています。

 

それに、そこまでの頑張りや想いや葛藤、

いろんなものが分かるので、とても応援したくなります。

 

人の悪口とか一切言わないし。

だから、この方を悪く言う人もいないんだなぁと思います。

 

ただ、活躍が目に見えて来て、

「あの人すごい飛躍してるよねぇ。かなり儲かってるんだろうねぇ。」

と聞いたりもします。

 

わたしは、

「お、予想通り同業者からの妬みが出てきたかな」

と思いました。

 

素直に羨ましい、わたしもそうなりたい、の気持ちかもしれません。

 

飛躍すると、

「隣の芝生は青く見える」んですよね^^

 

どれだけ努力しているかを知っていれば

そうは思わないのですが。

 

それに、ネット上で頻繁に活動報告や

イベントを告知していたとしても、

 

「露出度=儲け」

ではないです。

 

「すごいやってる感」は

SNSでハリボテでもできてしまいますし、

 

実際の所がどうかは別です。

 

 

また、「かなり儲かってるんだろうねぇ」って

いくらのことなんでしょうね。

 

月に利益がいくら残ったら?

 

それとも売上?販売個数?

 

自分の「儲かる」はいくらなのか明確にすると、

 

「なんかすごそうで羨ましい」はなくなります^^

 

それに、すごいな、いいな、と思ったらマネすればいいんです。

モデリングという立派な手法です。

 

うまくいった人のマネをすれば

上手くいく率は高いし、どれだけ大変かも理解できます。

 

次のステージに行きたかったら、

数字とモデリングをしてみてください^^

 

本日もお付き合いありがとうございました。