「安く提供して、お客さんに喜んでほしい」

「自分が買い物をするとき安さで選ぶから、安く提供してあげたほうがいい」

ネット物販を始めた方や

好きを仕事にしようとしている方で、

時々、このように言う方がいらっしゃいます。

そして
ネット物販をして利益を得ようとしているのに、

好きを仕事にしようとしているのに、

安値を付けてしまい
利益が得られず軌道に乗らず辞めていってしまいます。

わたしも高いより安い方がいいです。

でも、

「安い=喜ばれる唯一の方法・一番の方法」

ではありません。

以前、わたしはハンドメイドアプリのミンネで

5-6000円の予算でとあるバッグを探していました。

でも、なかったんです。

1000円台しか。

結局、3000円の出品を見つけてオプションを付けて
4000円くらいで購入しました。

届いた商品は申し分なく、
これが6000円で出品されていても満足して買ったでしょう。

(わたしはむしろ、6000円のお金を出して買った
お気に入りのバッグ♪として扱いたかった。笑)

メーカー既製品には「定価」「希望小売価格」があります。

でも、ハンドメイドに定価はありませんよね?

コレクター商品・中古品も同じです。

「このくらいの値段で欲しい」

「今日は奮発してこの価格で!」

という「予算」で購入することもあれば、

「この効果や効能、こんなサービス、時間が得られるなら
この価格でもいい」

という「この価格に対する対価が得られそう」な

「価値観」で購入することもあります。

コレクターアイテムだと

「30万したんだよ~」と

その「30万出して手に入れたこと」に
価値を感じることもあります。

例えば子どもの習い事も、

「月1万円で」と思っているのに

4000円だったら、入れますか?

1つしか購入する予定がないものや
失敗したくないもの、

この価格の物が持ちたい、という場合

「安さ」は魅力にはなりません。

むしろ「何でこんなに安いの?」と
怪しく思うかもしれません。

ネット物販は特に顔を合わせませんし

商品を手に取ってみる事ができません。

相場より低めだと「本当に大丈夫か心配」

「海賊版かも」と思われることもあります。

それに、

「自分の取り分を減らすとお客さんが喜ぶ」

訳ではありません。

人より安く提供したいなら、

「人より安く提供できる技術」を身に付けなければなりません。

ネット物販で言うなら「どれだけ仕入れ値を安くできるか」。

その努力なしに安く提供することはできません。

ハンドメイドも、

「安いから欲しい」わけではありません。

「誰から」「どんなストーリーのあるものを買うのか」の方が重要です。

「安さ」で勝負していたら、自分より安くやる人がいたら

そこで終わり。

価格競争レースの仲間入りです。

そうなる前に、

ぜひ、「安さ」以外の魅力を探してみてくださいね^^

「利益をもらっていい理由」もたくさん見つけてください。

自分をすり減らしていたら、5年後も10年後も

やってはいけませんよ^^

本日もお付き合いありがとうございました。