ネット物販をしていて、

「目利きできるものがない」

「詳しい、好きなものがない」

それでも大丈夫?

と聞かれることがあります。

大丈夫です。これから身に付ければいいんです。

まず、趣味や関心のあるものへの「詳しい」「すき」は

「安く買えるものを探して、高く売れる場所で売る」

ためのものではありません。

物販をしている人は、

ただ詳しいのではなく、

「売るために詳しく」なっています。

だから、

例えばカメラなら、

Nikonだけに詳しいわけじゃないし、

スタジオ機器も水中用カメラも、

サバンナで動物を撮影するようなレンズも

みんな扱います。

それに綺麗なものも、使えるけど一部壊れているものも、

部品取り用もパーツも扱います。

そして、

「これはレアだからこのくらいじゃないと売りたくない」

「こんないいもの手に入るなんて、しばらく飾っておこう」

「ここも確認してあげると親切だから確認して、あ、あとこれは洗ってあげよう」

とかいう気持ちもありません。

ただただ、

「いくらで売れているのか?」

「この作業は費用対効果があるのか?」

「他に安く買えるものはないか」

を考えています。

第一優先が「利益」だから。

もちろん、そのために

お客さんの期待に添える価格や出品記載、

返品や配送方法、安心や信頼を大切にします。

だから大丈夫^^*

ぜひ、安心して始めて、

これから

「売るために詳しく」なってくださいね!

本日もお付き合いありがとうございました。