「ライフプラン」というものを

作ったことはありますか??

6月のマネーセミナーにて登壇した

FPの三澤恭子さんも

ライフプラン、人生設計図の必要性

おっしゃっていました。
(三澤恭子先生)

先のことは分からない。

分からないからこそ

設計図を書きます。

「仮」の人生を作ってみること、

それがライフプラン。

仮に2人目の子どもが2年後に産まれたとしたら?

仮に35歳でマイホームを2500万円で購入したら?

仮に1年後、転勤をしたら?

子どもがいるとこの「仮」はたくさん思いつくことができます。

小学生・中学生になったら教育費は毎月どうなるのか。

何年後に成人となり、子育てがひと段落するのか。

変更があって当たり前。

だからわたしは毎年
気軽にライフプランを作ります。

ライフプランと言っても難しいことはなくて、

1、3、5、7、10年後、

自分は何歳?

旦那は?両親は?

子どもは?学年は?

住宅ローン残りいくら?

学資保険はいついくら降りる?

今書けることを書くだけです。

3年以上先は具体的な生活が
どうなっているのか分かりませんが、

3年後、どんな生活をしたいから、

1年後どうなっていたいか、

じゃぁ今これでいいのか、

目に見えて分かるようになります。

先の目標が決まると、

在宅ワークでも物販でも起業でも

専業主婦でも派遣社員でも

パートでも正社員でも

「これでいいのかな」

「この生活を一体いつまで続けるんだろう」

「今やっていることって意味があるんだろうか」

と、悩む回数が減ります。

時に「社会人として」「母として」

「嫁として」「妻として」

いろいろ言われますが、

そういうときに、過剰に自信を無くすことも減ると思います。

わたしにご相談に来る

ebay輸出に取り組もうとしている方々は、

物販の先に、「なりたい未来」を持っています。

子どもとの時間を十分に持ちつつも

自分で収入を得ている生活をしたい。

定年になったときに、

収入作れる自分でありたい。

理由は様々ですが、共通しているのは

「何年後かに確実に来るであろう未来で、最高の選択をしたい。

 そのために、今、収入を自分の力で得られるようになりたい。」

ということ。

ライフプランを書いてみることで

自分の選択に自信が持てたら、

どうせ

でも、だって

~たら、~れば

を言って過ぎていく数年と大きく違うはずですよね^^

まずはライフプラン、人生設計図を

何度も書いてみてください^^*

人が何を言おうと、好きなように生きてください。笑

本日もお付き合いありがとうございました。