「家で働くこと」ができたら、

どんな生活だと思いますか??^^

*子育てと両立できる!

*夫が転勤族でも仕事が続けられる!

*保育園や学童などに入れなくても仕事ができる!

そんなメリットが浮かぶかと思います。

アフィリエイトをしている方のブログなんかでも、

「子どもの寝ている間にケータイをポチポチ♪」

とか書いてありますね。

わたしもこのメリットのおかげで毎日楽しく

0歳の次女と過ごしながら働いていますから、

すごくいい働き方だと思います。

じゃぁ、デメリットは?

収入が少ないこと・・?

違います^^

違うんですよ~

「家で働くこと」が収入が少ないのではなく、

「収入の天井が低いこと」をやるから

収入が少ないだけのことです。

本当のデメリットとは、

「この人は仕事をしている」という周囲の認知が低い

こと。

旦那さんにも、仕事をしていると

思ってもらえなかったりします。

扶養の範囲を超えるような収入になれば、

おのずと認知してもらえる場合が多いのですが、

好きなことを仕事にする起業や在宅ワークなど

やってみると、この

「この人は仕事をしているという周囲の認知が低い」

デメリットにぶち当たります。

家事や育児を今まで通りやりながら

家ではたらくと、当然家事や育児に負担が出てきます。

おうちとはいえ、

「はたらくという選択をする」ことは、

「その時間、育児や家事をできないという選択をしている」

ということ。

8時間の間に育児と家事をしていて

そのうちの4時間仕事をすれば、

残りの4時間で育児と家事をやることになります。

単純に考えると、2倍の負担。

でも一緒に生活している家族でも、そういう認知はしていません。

そもそも、おうちではたらく本人も

はたらいてみないと分からないもの。

ということは、

まずは

「自分は一体どんなライフスタイルを
 (しようと)しているんだろうか?」

いつ仕事する時間が取れる?

週何時間、月何時間取れる?

育児や家事、家族との時間などはどうなる?

そして、どうしてこれをするんだっけ?

どうなりたいんだっけ。

紙に書き出して、

目に見える形にしてみてください^^