わたしが不思議に思うのが

進学とマイホームが

「借金前提」で成り立っていること。

なんでこんなに借金するのが普通になってるんだろう・・

と感じます。

 

奨学金を借りる人は半分以上いるようですし、

返済義務のない人を除くと平均返済金額は324万円。

完済予定期間は約18年というデータがありました。

22-24歳から、18年たったら40-42歳。

 

ということは、もし結婚して子供がいたら

子どもの進学費用にまた奨学金を借りることになりそう・・

負の連鎖ってこういうことじゃないのかな?

 

奨学金のおかげで助かった!という人もいるでしょうから、

それぞれですが。

 

そして家も、35年低金利でローンが

田舎ではけっこう普通。

わたしの年代では家を建てる人も多いです。

 

まだまだ家は建てるのが当たり前、

家はみんな建ててるしそいういうもんだ、という感じ。

 

「家は残るから」と言いますが

一生固定資産税を払い

住み続けるには屋根やら壁やら補修も必要です。

そして資産としては30年経ったら価値はほぼなし。

手放そうにも売れず、わたしにとっては

「持ち家はランニングコストが一生残っちゃう」

という気もします。

 

2000万のローンを35年、金利3%で組むと

支払う利息は総額で約1232万7千円だそうです。

・・。

 

わたし銀行のために一生かけて

1232万円もただ働きするなんてヤダ。

 

って、思ったのでもし建て替えるなら、せめて

頭金貯めてからにしよう、と考えています。

 

今住んでるリフォームした中古住宅でも

それほど困っていないので、

直しながら住もうかな、とも思います。

(固定資産税も年3万くらいだし)

 

その代わり1232万円がプラスに貯められるのだから

しっかり支出と収入を管理していれば

進学にも旅行にも使えるお金が増えます。

リフォームに2000万もかけなくていいし。

 

そっちの方がいいなって最近思ってきました^^*

 

マイホームがあるから仕事頑張れる!

とか

土地を親に買ってもらったから、

など人それぞれの事情があると思いますが、

一生のことなのでお金の専門家

ファイナンシャルプランナーさんには

お金を払ってでも相談してみるといいですよ^^*

 

日本は金融リテラシー(お金の知識・判断力)が低いそうなので

みんなに聞くより、専門家。笑

その上で、自分で判断すればいいんです。

 

本日もお付き合いありがとうございました。