我が家では、連休でもしておきたい仕事はやっています。

夫婦どちらかが子ども達をみているので交代で済ませて

あとは実家へ行ったりお菓子を作ったり。

実家でもばぁばに娘を任せて仕事してる事も結構あります。

最初は

「子どもが起きている時は仕事しないようにしなきゃ」

でしたが

そうするとだんだんお昼寝もしなくなってきて

仕事が進まない

イライラする

なんで寝ないの~

と、不満が出てきました。

知らず知らずのうちに、

「子どもを優先しなければ母親としてダメだ、

仕事もしちゃいけないんだ」

と思っていたんですね。

そういえば、

おうち・はたらくをキーワードにネットを見ていたら、

「幼稚園に2年のみ娘を通わせて、短時間で起業」

「週末は子ども達との時間、仕事は持ち込まない」

という記事があったり、

そうしなければいけないような気になっていたのだと思います。

今は、ぜんぜん。

もちろん子どもは大事。

で、仕事も楽しい!やりたいことたっくさん!

あれもやってみたい、今年はこれも挑戦したい、こんな風になりたい、

だから、

「家事・育児・仕事」をしっかりこなす完璧ママ

を捨てました。

たまにはばっちりじゃなくてもいいでしょ。

家事なんて常にあるから終わりなんてないし。

子育てだってそう。

子育て5年近くしてやっと気づいたんです。

「○○じゃなきゃ子どもがかわいそう」

って言葉はなくならないってことに。

言う人はどういうこじつけでも言うんですよ。

自分ができなかったのにあなたはやっているから悔しい

という感情だったり、

それは常識的に世間一般に普通じゃない

という判断だったり。

ただの八つ当たりだったり。

相手もいろいろあるのでしょう。

でも人は人。自分は自分。

人にどう思われるかより、

これやらなきゃ!っていう思い込みより、

これやってる自分のこと、好き?

今の自分、すき?

今、わたしは

「自分を好きでいられること」

を基準にしています。

次女は春から保育園。

小さいのに保育園なんてかわいそう、

なんて言われてもぜーんぜんへっちゃら。

平日、日中子どもと一緒にいる事より

仕事をしている自分が好きだからです。

仕事をする、それはめぐり巡って、

ママの背中を見せること・子どもの教育費を貯蓄できること

子どもにちゃんと返ってくる。

ストレスを貯めないからママも笑顔。よって子どもも笑顔。

家事をちゃんとやらなきゃ

子どもとの時間をもっとつくらなきゃ

綺麗な家にしておかなきゃ

ママであり妻であり嫁であり、主婦にはたくさんの「○○じゃなきゃ」があります。

子どもの寝ている間にやりたいことをしたかったのに、

家事のあれやってこれやってをしていたらもう起きちゃった!

なんてよくあります。

思い切って、必要な事・やっとかないとって事より

まず「やりたいこと」やってみてください。

たまには「やりたいこと先にやっちゃう自分」許してあげてください。

もしそれで、家事をしっかりやっておく自分が好き

なら、そうすればいいんです。

子どもが小さいうちは、子どもとなるべく一緒にいたい、

そうしている自分がすきなら、それが一番です。

「○○じゃなきゃ、○○しなきゃ」より

「○○な自分」のこと、好きかどうか。

自分はどうしたいのか、で決めてみてくださいね^^